わるぢえとは

 

大島寛史(左)と市原一平(右)からなるユニット。

「やりたいヒトとやりたいコトを」を合言葉に演劇を作ることを目的とする。

2016年9月に、旗揚げ。@横浜STスポット

既成戯曲の上演を主に手がける予定。

勿論新作の上演をする試みも予定。

 

今まで夢物語で終わっていた構想を出来るだけ実現すべく、

また、ハイクオリティな演劇を目指して活動。

 市原一平

 

俳優。わるぢえ代表。

G/9プロジェクト事務所所属。

特技は殺陣。そのスタイルを活かした

キレのあるアクションを得意とする。

チリアクターズやムームー企画など、

広く出演。TAK in KAATに2年連続で

参加するなど、精力的に活動中。

面白い表現を愛して止まず、常に探求を続ける貪欲な一面も。

座右の銘は「適当」

「わるぢえだからできること」に

今後も俳優として挑戦していくつもり。

 

 

 大島寛史

 

俳優。劇作家。演出家。わるぢえ代表。

チリアクターズ主宰。

俳優として他団体への出演を始め、16年のTAK in KAATでは演出を担当。

ラジオパーソナリティも勤める。

16年、「くだらなさ」を突き詰めて書いた、親知らずを擬人化したコメディ「しらずのうちに」で、神奈川劇王Ⅴで優勝。5代目神奈川劇王となる。

第二回神奈川かもめ短編演劇祭に於いて同作品を上演し、最優秀賞、観客賞。

わるぢえでは、演出、俳優として、

新たなフィールドを開拓していく。